看護師の業務内容とは、患者に対して適切な医療のケアをする事です。
具体的には点滴や注射、薬の管理などその内容は多岐にわたります。
その中でやりがいを感じる瞬間はいくつかあり、中でも一番のやりがいは、看護の仕事は常に誰かの役に立っているという大きな実感を得る場面が多い事です。
まずはその中で、患者やその家族からもらえる「ありがとう」の言葉をもらった時や、日々多くの人との交流に看護師になってよかったとやりがいを感じる事ができます。
その他にも、家族や親しい友人が怪我などをした際に、応急処置やアドバイスをする事ができ、医療の知識が役に立った場面などに遭遇した際にもやりがいを感じる事ができます。

また、看護師は1人で業務を行うのではなく、チームで連携をとり患者を救う場面もあります。
総合病院などの入院病棟施設があるところでは、チームで患者のベッド周りの環境整備を行ったり、体調管理も看護師同士で把握しておかなければならないので、チームでの連携は必須となります。
そして、連携は看護師だけではなく『チーム医療』という、医師、看護師、理学・作業療法士、医療ソーシャルワーカー等、一人の患者に合わせた専門医との連携をとり、治療やケアをする業務もあります。
その際に、日々身につけた知識と経験を活かし、チームが1つになって患者の命を救った時には今まで以上の大きなやりがいを感じる事ができるのです。
看護師関連の資格を取得し、今まで任せてもらえなかった重要な業務を任された時など、自分の努力が認められた際に喜びとやりがいを感じる方も多くいます。
看護師の業務におけるやりがいは、人から感謝される場面が多い事と、患者の回復、ケアができた時の達成感のようです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 スペシャリスト達が一人を救う!. All Rights Reserved