チーム医療は、多種多様な医療系の専門職がともに仕事を進めるうえで重要な取り組みの一つとして捉えられるようになっています。
特に、病床数の多い病院で働く場合には、より良い医療やケアを患者に行うために、職種を越えたコミュニケーションが必要となります。
そのため、一人の医療従事者として業務を通じて成長するにあたり、チーム医療の考え方が現場の隅々まで浸透している医療機関を選ぶことが大切です。
若手の医療従事者が多く在籍している総合病院においては、それぞれのスタッフが日々の業務の中でチーム医療を意識して働くために、定期的に集合研修を行っているところもあります。
なお、チーム医療の重要性については、大規模な医療機関で働いた経験が少ない人にとって理解しにくいところも多々あるため、ベテランのスタッフが念入りに教育を行うことが肝心です。
例えば、各地の大学病院や総合病院で開かれている勉強会やミーティングなどに参加をしたり、他の職場で働いている学生時代の先輩や友達と意見交換をしたりすることで、チーム医療の大事なポイントについて把握をすることが可能です。
もしも、求職活動中に興味のある医療機関のチーム医療に関する取り組みについて知りたいことがあれば、積極的に採用担当者や現場で働くスタッフに質問をすることが大切です。
その他、業務の合間を縫って、実際にチーム医療が適切に行われている医療機関の公式サイトなどに目を通しておくのも良いでしょう。
【参考サイト◇http://teammedical.net

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 スペシャリスト達が一人を救う!. All Rights Reserved